2018年2月23日金曜日

『そろそろ君が来る時間だ 10の小さな物語+1』本日新装発売となりました。

2010年に詩遊会出版より刊行されました、私の連作小説集『そろそろ君が来る時間だ 10の小さな物語+1』。本日2018年2月23日、丘のうえ工房ムジカより新装発売の運びとなりました。全国書店にてご購入・ご注文頂けます。


ISBN 978-4-9909736-1-2
C0093  
定価 本体1500円+税

装幀デザインを担当してくださったのは、カニエ・ナハさん×北澤眞人さんです。ちなみに、2010年の発売時はこんな表紙でした。

私が実家の近所で撮影したアマガエルの写真がそのまま使われていました。アマガエルの寿命は長くて数年。このカエルももうこの世にはいないでしょうが、良い報告ができてほっとしています。

もちろん、ライヴ会場等でも販売いたしますし、私がどこに行くにも数冊持ち歩いておりますので、お声がけくだされば幸いです。

私はオカルトも占いも信じませんが、仕事をしている中で、「これは自分以外の誰かや何かの力が働いているのではないか」という奇妙な感覚を持つことはたまにあります。

今回の新装発売にあたっても、様々な新しい出会いや再会、幸運や偶然が重なりました。妻の誕生日に発売することができて嬉しく思っています。

関係する全ての皆様、そして全ての縁に感謝いたします。

私なりに、この10+1の物語に込めた魂と心はございますが、もしもお手元に置いて頂けましたなら、そしてお読み頂けましたなら、この本はその時から皆様のものです。

旅立ってゆく物語と皆様との出会いが、どうぞ素敵なものでありますように。


0 件のコメント:

コメントを投稿

夏の終りとE+motion