2018年1月21日日曜日

赤い渋谷から西荻窪のハワイへ

先週は、渋谷RUBY ROOMでのSPIRITと、西荻窪ALOHA LOCA CAFEでの「て、わたし」第3号発行記念イベントという2つのイベントがありました。

15日のSPIRITについてはこちらにレポを書かせて頂きましたが、ゲストにウクレレ弾き語りの鬼才・角森隆浩さんをお迎えし、これまでのSPIRITとはちょっと違った味わいのある夜になったと思います。

そして、年明けにフランスから私と村田活彦氏にお知らせがあり、2014年のフランスのポエトリースラム王者MARASが来日するので、パフォーマンスをする場所など何とかならないか、ということでしたので、山口勲氏にお話し、20日の「て、わたし」発行記念イベントに出演して頂く運びとなりました。

その「て、わたし」発行記念イベント。なぜか私が司会もすることになったのはいつもの山口勲流という感じがしますが、MARASはさすがだし、


ムスタファ・ムーサ―の翻訳をしてくださった森晋太郎さんのシリアのお話も良かったです。北爪満喜さんと初めてきちんとお話できたのも嬉しいことでした。「て、わたし」第3号、改めて素敵な詩誌です。

私は「こんな悲しい日に」「鈴」「電気うなぎ」「千葉で生まれた」の4篇を朗読しました。「日本の詩、世界の詩」というのがコンセプトの詩誌なので、千葉の詩で締めました。川方祥大さんが動画を撮ってくださいました。


MARASはこの後、渋谷に移動し「胎動×バラクーダ」にも出演、カッコいいフリースタイルを展開したということです。観たかったな。

さて、今月の朗読ステージはあと1本です。

---

「TOKYO BOYS COLEECTION 2018Winter」

2018年1月28日(日)・高円寺 大陸バー彦六

12時15分開場/13時開演/16時終演・入場料1500円+1オーダー

▽出演
桑原滝弥/究極Q太郎/新納新之助/大島健夫/Jordan Smith/TASKE/いまお/蛇口/馬野ミキ/道山れいん

※馬野ミキさんの企画です。馬野ミキが選んだ10人の男性詩人による真冬の熱いライヴ。私は新作を読む予定です。

---

明日は関東に大雪が降るそうですね。ここぞとばかり引きこもって詩を書こうと思います。


0 件のコメント:

コメントを投稿

夏の終りとE+motion