2017年12月25日月曜日

電気うなぎは新聞に、うなぎは漫画に。

年末ですね。

今日の日中は換気扇の掃除をしたり窓ガラスを拭いたりして過ごしていました。2017年、平成29年ももうじき終わりです。

さて、今日はお知らせが二つあります。

まず、先にご案内させて頂いた通り、13日に朝日新聞夕刊文化面『あるきだす言葉たち』に、私の詩が掲載されました。

『電気うなぎ』という詩です。こちらから無料で全文をお読み頂けます。宜しければ是非。

そして、うなぎと言えば、前に書いた『うなぎ』という詩が、このたび漫画化され、発売の運びとなりました。

原作の世界をほとんどそのまま漫画化して下さるという信じられない挙に出てくださったのは、『日々ロック』『ミツコの詩』などで知られる榎屋克優さん。ポエトリー・スラム・ジャパンを観覧にいらして下さった際に知り合いました。お話を頂き、スケッチを見せてもらった時、「わー、この人しかいない!」と思いました。あのわけわかんない詩を最高の形でビジュアル化して下さり、新たな命を吹き込んでくださいました。先にサンプルを送って頂いていましたが、ちょうど我が家に滞在していたフランスのポエトリースラマー・JYBが(彼はベルギーとフランスで私の『うなぎ』の朗読を聴いている)、「おお、あれがこうなるんだな!これ面白いな!」と食い入るように読んでいました。

榎屋克優画・大島健夫原作『最初に君と出会ったのは満開のうなぎの木の下だった』ミッドナイトストアーから540円です。こちらからご注文頂けます。

実は今年のうちに、もう一つ皆様に大きなお知らせがございます。28日くらいに明らかにできると思いますので、お心の片隅になんとなく止めておいて頂ければ幸いです。

ではでは、飲み過ぎ食べ過ぎにお気をつけて!


0 件のコメント:

コメントを投稿

夏の終りとE+motion