2017年8月21日月曜日

おめでたいことと千葉詩亭。

8月19日、千葉詩亭でいつもお世話になっているTREASURE RIVER BOOK CAFEのオーナー、宝川さんの結婚式二次会に参加。たいへん素敵なパーティーで、宝川さんご夫妻の人徳と人望をあらためて感じる。ビンゴゲームではファブリックアーティストの森川エリーさん作のかわいいぬいぐるみを頂いた。「キメラ猫」とのこと。


明けて20日。マスコットがわりにキメラ猫をバッグに詰めてまたTREASURE RIVER BOOK CAFEへ。千葉詩亭・第四十七回、ゲストはカワグチタケシさん。実は地元・佐倉市出身である。現在は都内在住で、京葉線に乗っていらっしゃった。


なんだかファンシーな風船などが目につくが、これは19日の結婚式二次会の名残り。

カワグチさんの朗読は、鬼面人を驚かす、というようなことが一切なく、また技術を見せつけるような名人芸で一瞬のウケをさらう、というようなこともない。その朗読は丁寧かつ真摯そのもので、紡がれる詩の言葉は、無用な自意識なしに世界と向き合う時にのみ生まれる深みと重みで満ちている。流れる水のように静かに、そして力強く会場を魅了する30分間。

オープンマイク参加は、

OOMさん
佐々木漣さん
廣川ちあきさん
もりひろしさん
川方祥大さん

という皆様。地に足の着いた、それでいながら楽しいパフォーマンスが続いた。今回は地元・千葉からのお客様が多く、千葉人にしかわからない具体的な地名が作品の中を飛び交う場面も散見され、これまでの千葉詩亭の中でも「千葉のオープンマイク」テイストが強かったように思う。

オープニングは山口勲がネオミ・シーハブ・ナイの『A4搭乗口』を、ラストは私が『大島健夫自伝』をそれぞれ朗読した。お食事メニューは冷やし中華とチキンサグカレー・・・であったが、カレーは開場後一瞬で売り切れてしまい、スタミナ丼に横滑りした。私は冷やし中華を頂いたが、例によって美味でした。

次回の千葉詩亭、「第四十八回」は10月15日(日)の開催だ。

いつもありがとうございます。初めての方もいつもの方も、心からお待ちしております。





0 件のコメント:

コメントを投稿

夏の終りとE+motion